google-site-verification: google715b038855d3d2d9.html ハーモニーケア 新しい人材を求めて( ^ω^)・・・🎵
FC2ブログ

プロフィール

negaiboshi2012

Author:negaiboshi2012
下松市東陽町にある高齢者向け住宅「ねがい星」です。22床のこじんまりとした施設で 家族的な雰囲気の中で介護を行っています。

最新記事

最新コメント

ご意見ご感想をお寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

スマフォはこちらから

QR

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

新しい人材を求めて( ^ω^)・・・🎵

先日 ブログでもお話ししました
人材確保を世界へとシフトチェンジしていく・・・

ということで・・・・早速
7月13日~15日の1泊3日で
インドネシアへ行ってきました。

社長に同行する形で
仲介をして下さる組合の方と
同じ山口県内で施設を持たれておられる
オーナーさん・娘さん 私達ねがい星の2人の
計5名でインドネシアヘ向かいました。♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

何十年ぶりかの 海外で少し緊張しましたが
それ以上に 『どんな子達と会えるのだろう』という
気持ちの方が強く とても楽しみでした☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


_(1)_convert_20190719202626.jpg

福岡空港はあいにくの雨でしたが
雲の上は快晴で 【いい事ありそう💛】な
予感がしました。

乗り継ぎの為 ソウルで出発までの時間は待機です。
_(3)_convert_20190719202641.jpg

4時間位 のんびり過ごして
いざ!!! ジャカルタへ・・・
_(6)_convert_20190719202650.jpg

ソウルを経由して ジャカルタに到着したのが
深夜0時を過ぎていました。

そこから入国手続きをし やっとホテルに到着

_(11)_convert_20190729211802.jpg

_(12)_convert_20190729211816.jpg

手続き済ませ 自分の部屋に入り
お風呂に入ってすぐ寝ました。

 
翌朝、面接会場に行き 重々しい空気の中
面接が始まりました。


_(15)_convert_20190729212101.jpg

面接する側も かなり緊張しました\(//∇//)\

_(16)_convert_20190729212111.jpg

_(20)_convert_20190729212121.jpg

皆さん自己紹介は完璧でした。(練習したのでしょう(*’U`*))

こちらの質問に 本音で話してほしいので
解答は母国語でしていただき
通訳の方が 日本語に訳して伝えてくれました。

_(20)_convert_20190729212121.jpg

_(21)_convert_20190729212134.jpg

_(22)_convert_20190729212151.jpg

_(23)_convert_20190729212239.jpg

_(24)_convert_20190729212250.jpg

_(25)_convert_20190729212300.jpg

_(27)_convert_20190729212314.jpg

午前中に22名 午後から4名の方達と
お話ししました。

面接を終えて 社長への第一声は
『ワクワクする面接でしたね』ヽ(≧∀≦)ノ
でした。

みなさんの 情熱と笑顔と前向きな姿勢に
とても心打つものがありました。


みなさん 瞳が期待で満ち溢れていましたし
家族の幸せの為に 日本で精一杯働きたい!!!
という 熱意がヒシヒシと伝わってきて

ああ・・・一緒に働きた~いと思いました。


日本では「う~ん・・・求めている人とはちょっと違うなぁ・・
でも、次いつ応募があるか わからないから
とりあえず採用して様子みよう・・・」(>_<)くらいの・・・
前向きな採用ではない事がほとんどでした。


そしてやはり 最初の印象通り 長続きはせず
数か月で辞めてしまう・・・(。pω-。)の
繰り返しで 希望が持てませんでした。


しかし、今回思い切って現地に赴き
実際に彼女達と話をすることで
とてもわくわくして 明るい未来が想像できました。


どの子も良くて 選ぶのが申し訳ない感じでしたが
出発前から 『こんな子が欲しい★』と
ピンポイントで的を絞って面接に臨んでいましたので
選ぶのにさほど時間はかかりませんでした。


社長と私で それぞれ
この子かこの子・・と2人は直ぐに決まりました。

採用は1人なので どちらにするか 最終決断は
迷いましたが 最後の最後に面接した子だけが
私が望んでいた答えを 質問する前に自ら答えてくれたので
私の中では【この子以外考えられない!】と思っていました。


結果・・・現場で携わる私の意見を尊重下さり
最期に面接した子に来て頂く事になりました。

来月『N4』の試験に合格すると
早ければ 来年1月・2月頃には来日できるようです。


採用の報告を受けた彼女も
採用を伝えた私達も
同じように期待に胸を高ぶらせているので
このテンションを落とす事なく
1月・2月を迎えたいです。(*≧∪≦)

スポンサーサイト



 ホーム